入会受付中
パークサイドバレエスタジオ
ジュニアSクラス
完全少人数制、転入・編入随時受付、新規生徒応募要項

プロ、留学を目指す育成専門クラス。
合格率アップの決め手は超基礎力!
理論と実践で世界のバレエへ導きます
悩んだら今すぐ行動を!
バレエ基礎、ヴァリエーション、キャラクター、コンテンポラリー、表現力指導、ジャイロキネシス、ボディワークバレエコンディショニング、解剖学、栄養指導、進路指導その他

お問い合わせはこちら

ジュニアの皆さんへ〜あなた自身の行動力があなたの未来を変える〜私たちは、常に習う価値のあるレッスンを追求しています。

自分をより一層高見に導いてくれる先生を求めて。
今悩んでいるジュニアを一人でも多く救ってあげたいという思いから、このクラスを開講いたしました。 
本気の生徒には本気で応えるのがパークサイドバレエスタジオです。

日本には、プロのバレエダンサーを目指している生徒はたくさんいます。
そして伸び悩んでいる生徒が大勢いることも事実です。
年齢や体の条件によって求められることも違えば、将来のプランの描き方も違ってきます。
留学するにしても、審査時までに準備を整え、スクールが求める人材になっていなければなりません。
コンクールでいい成績を収め、スカラをもらえるならそれでいいという考え方はあまりにも拙速です。
留学先で伸び悩み、挫折する子をたくさん見てきました。
若いからといってのんびりしているとプロの扉は開いてくれません。
非効率なクラス、理論があいまいな指導をいくらたくさん受けても、簡単に将来の扉は開いてくれません。
スタイル(メソッド)を体に染み込ませ、正しく、密度の濃いレッスンを受けている生徒にはかないません。
最終的に勝てる人材とは、基礎がしっかりとできる人、加えて元気で積極的な人なのです。

当クラスでは、私を含め講師全員のプロのダンサーとしての経験と教師としての経験をフルに導引し、生徒たちの基礎力を最大限に向上するとともに、コンテやキャラクターにも注力し、海外のライバルに負けないバレエ教育をしています。
生徒の向上心や努力を形にしていく作業の中で個性を育んでます。 

生徒にとって何よりも重要なことは、生徒が正しい練習方法を身につけ実行させることです。
練習の仕方は成果に直結するからです。
何をどうしたらいいのかわからない生徒に対して練習の仕方を徹底指導し、実りあるレッスンになるよう注力をしています。

現在パークサイドバレエスタジオを卒業して海外で頑張っている生徒たちは皆、ここで学んだ超基礎力を武器に身体的な条件で勝る海外のダンサーと競い合っています。
実直で折れない心、自分の中で確たるものを持って海外に渡った生徒たちの将来を期待してやみません。
これからも世界のバレエ界を注視し、常に新しいスタイルのバレエとレッスンを追求し、生徒にはより多くのことを効率的に学んでいただければと願っています。

そして、私たち教師は常に研究と学習をし続けています。
なぜならば、生徒は教師のレベル以上には学べないからです。

あなたがもし壁に突き当たっていたなら、そこからが頑張りどころ。
壁はチャレンジしている人の前にしか現れません。
自分自身の決断と行動力だけがあなた自身の未来を変えます。ぜひパークサイドバレエスタジオで一緒にチャレンジいたしましょう。

代表 堀岡美香


スタジオ移籍をお考えの保護者の方へ

ジュニアSクラスのコンセプト 〜バレリーナを目指して〜

  • 少人数クラス

    当クラスは、プロのバレエダンサーを最終ゴールとして、国内外のプロたちが求める技術と知識を身につけます。やる気のある生徒を全力で指導します。

  • チャレンジ

    YAGP、ローザンヌ等国際的コンクール、世界のバレエ団のオーディションに挑みます。厳選された国内外のワークショップへの参加も推奨しています。

  • 質と量

    クラシックバレエ、コンテンポラリーダンス、キャラクターダンス、アイソレーション、コンディショニング、ジャイロキネシスなどなど、生徒の将来に有益なレッスンを徹底します。

  • 本物のバレエ教育

    他では得られないプロに必要な要素(技術、表現力、解剖学、努力、探究心、チャレンジ精神、社会性、忍耐力、感受性、感性)を育みます。

指導方針〜愛と情熱ある指導〜

  • 徹底指導

    個々の個性、身体の条件に合わせて基礎から徹底指導します。各々の目標を定め、PDCAを徹底しながら丁寧にレッスンします。

  • 超基礎力

    基礎力を最大限に伸ばし、あらゆる要求にも応えられる技術を身につけます。バレエ団、世界のバレエスクールの先生に選ばれるダンサーを目指します。

  • ダンスクォリティ

    より高度な技術、表現力の体得を目指します。個性は個人の内面にあるセンスです。潜在的な個性を引き出し演技に磨きをかけます。

  • 自主自立

    バレエを通じて自主自立を促します。多様化したバレエ界では考える力は重要です。理解力、先見性、行動力、そして責任感を養います。

  • 肉体改造

    海外のダンサーに負けない基礎体力を養い、強くしなやかな身体作りをします。肉体ができてくると技術が向上し、心も強く育ちます。

  • コミュニケーション

    世界中どこにいっても礼儀正しく、好感の持たれるダンサーを目指します。コミュニケーション能力は世界のどこに行っても必須です。

ジュニアSクラスの特徴〜少数精鋭〜

  • 完全少人数制です。(8名以下)
  • コンクールに偏重せず、芯のある基礎と実践力を身につけます。
  • 講師は全員プロのダンサーとして活躍し、指導力のある人材ばかりです。
  • 最新のバレエトレーニングとプロのノウハウを駆使して、密度濃くレッスンします。
  • 一生ものの基礎を身につけ、踊りに直結するトレーニングをします。
  • ジャイロキネシス、バーオソル、体幹トレーニング、バレエストレッチなどで、バレエの身体作りと感覚の育成を図ります。
  • 講師も生徒といっしょに身体を動かして指導します。
  • じっくり丁寧に指導。生徒個々の長所はより精度を上げ、短所はきっちりと修正します。
  • 新国立劇場バレエ団現役プリンシパルをはじめ、英国ロイヤルバレエ団、仏パリオペラ座バレエ団で活躍した一流ダンサーの指導が受けられます。
  • 国内外のカンパニーで通用するようスタイルやシラバスに忠実に練習します。
  • 常に時代の先を行くバレエのスタイルを取り入れてレッスンします。
  • 定期的にアセスメントを行い、実力チェックと自己の課題チェックをします。
  • 詳細な解剖学、運動生理学、スポーツ科学をもとに、理論的に身体の使い方の理解を深め、強くしなやかに踊れるよう肉体構築(改造)をいたします。
  • 留学、就職等の進路指導をします。
  • 特別講習、発表会など、実践現場を用意します。
  • 個別トレーニング指導、生活習慣指導、食事始動、治療院紹介等も行います。

スケジュールはこちら

生徒の生の声

ワガノワであれオペラ座であれロイヤルスタイルであれ、バレエのスタイルの重要性を痛感しました。
解
結果を出す喜びや、本当の努力をする幸福感を教えてくれました。悔しいこともあるけれども、くじけないで頑張ろうという気持ちになります。
自分が本気で夢を持ち、それを実現できるなんて思っていませんでした。もっと早くこのスタジオに移ればよかったと思います。
解
身体の正しい使い方を丁寧に何度も繰り返して教えてもらい、今まで間違った使い方をしていたことに愕然としました。知らないことがこんなにあるとは思いませんでした。今は早く目標を達成できるよう頑張っています。
初めて注意されたこと、初めて教えてもらったことがたくさんあり、とても勉強になります。もっと早く知りたかったです。
解
苦手なことを丁寧に教えてもらい、今では苦手ではなくなりました。詳しく説明してくれたり、やり方を変えてみたりして私がわかるまで教えてくれました。ちょっときつかったけど、頑張って良かったです。
首筋のライン、手足の指先、背中、足の甲など、美しく見せる方法や、正しい使い方を教えてもらえて、自分でも変わったと思います。
解
わからないことや悩んだ時は、いつでも先生に聞けるので嬉しいです。先生が一生懸命教えてくれるので頑張らないとと思います。
今まで教えてもらったことがないことをたくさん教えてくれて楽しいです。先生は世界のバレエを知っているので、ロイヤルスタイル、ロシアのスタイル、バランシンスタイルなど、将来役に立つクラスをしてくれて楽しいです。
解
先生方のデモンストレーションが綺麗なので、とてもいいお手本になります。
レッスン量が今までの倍、3倍になりました。思う存分バレエができて幸せです。
解
上を目指すにはどうしたらいいか、将来のことを親身にきちんとお話していただき、うれしかったです。
練習は厳しいですが、自主性を重んじてくれるので精神的に苦しくなくて、バレエに集中できます。

日本の若い生徒で良く見かける光景

一見身体の条件がよさそうで、踊れているように見える生徒。

しかし、ターンアウトはもちろん足裏や足の指にいたるまで、
正しい身体の使い方を学ばずに経験を積んでしまっている。
悪いことに基本中の基本であるプリエとタンジュの正しい仕方すら
身についていない状態のままバレエを続け、伸び悩んだり、故障したりする。

コンクール用のヴァリエーションは上手に踊れるのに、
レッスンはボロボロ。

実は正しいグリッサードやパ・ド・シャの仕方もわからない。
ヴァリエーションだけ上手い子の中にはコンクールダンサーになってしまっている子がとても多い。留学先のクラスは決まったメソッドがベースに進められるが、そのメソッドが身体に入っていなければ、ただ見よう見まねで動いているだけになってしまい、高い評価はもらえません。

生徒本人はできていると思っていることが、
実はできていないことが多い。

当然知っているべき知識、身体の使い方において、驚くほど無知だったりする。

身体の軸がない(感じられない)

正しい指導を受けていない場合が多い。

ピルエット、アレグロが弱い。

バレエ教師の素養や意識の問題が大きい。

筋力不足、スタミナ不足。

普段のレッスン量や身体作りがおろそかになっている。
海外のバレエスクールで挫折して帰国する若いダンサーの卵が意外なほど多く、
ほとんどが間違った身体の使い方による怪我や長時間のレッスンに身体が耐えられずに帰国するパターン。

栄養管理、生活管理がなされていない。

痩せろとか、食べるなとか、なんとかしろ的な命令もしくはプレッシャーで生徒の栄養面、健康管理がおざなりになっている。

今すぐ手当てを!

悪い癖の修正や正しい体づくりは一刻を争います。
躊躇していると魔の手は忍び寄ってきて、決断しようとした時には手遅れのこともあります。

募集要項・アクセス

入会資格
  • 年齢:10〜13歳(入会時年齢)
  • 性別:女性
  • バレエ歴:6年以上
  • 身体条件:重篤な持病、慢性病、心身疾患等、バレエのレッスンに支障をきたす病気等のない健康な方。
  • 適性:バレエダンサー志望、コンクール出場、各種オーディション、海外バレエ学校留学、バレエ団入団など、 バレエで高見を目指す人。
入会方法 まずはお問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください。
入会に際しましては、まず一般クラスのいずれかに参加していただき、面談の後に代表の堀岡が入校の可否判断をさせていただきます。
または、体験レッスン会(不定期)にご参加いただき、その時にご相談させていただきます。
料金 入会申し込み時にお問い合わせください。
アクセス 〒102-0073 東京都千代田区九段北4−3−16 サンライン第14ビル5F

JR総武・中央線、東京メトロ有楽町線、南北線、都営新宿線 「市ヶ谷」駅より徒歩6分
JR総武・中央線、東京メトロ有楽町線・東西線 「飯田橋」駅より徒歩12分

マップ https://goo.gl/maps/DiM4FJxCP992

元英国ロイヤルバレエ団プリンシパルロバート・テューズリー氏
メッセージ

夢を信じて、自分を信じて、そして先生を信じてください。
毎日努力すれば、あなたの人生にとってかけがえのないものを必ず手に入れられます。

Robert Tewsley

講師

  • 代表 堀岡 美香

    英国カレッジ・オブ・ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンス(RAD)卒業
    RAD最優秀学生賞、アイヴォー・ゲスト・ヒストリー・プライズ (日本人唯一の受賞)
    英国RADバレエ教師資格取得
    新国立劇場バレエ団(1997創立~2013/6/30)在籍
    在籍中は古典作品をはじめ、ジージ・バランシン、ケネス・マクミラン、フレデリック・アシュトン、ローラン・プティ、ボリス・エイフマン、トワイラ・サープ、デビッド・ビントレーなど、さまざまな振付家の作品を含むほぼすべての公演に出演。その数は国内外で650公演以上を数える。
    ジャイロキネシス®認定トレーナー資格取得(2015)
    独自の理論で「ボディワークバレエコンディショニング」を考案。
    「バレエは、努力が美しさに昇華する。」 これは私が長く心に刻み込んで来た言葉です。 生徒が日々輝いてゆく姿を見るととても幸せな気持ちになります。 何かとストレスの多い社会ですが、バレエに集中して自分の目標に向かって邁進してくれたら本望です。

  • 講師 石井 明子

    元・ヒューストンバレエ団(アメリカ)、アルバータバレエ団(カナダ)ダンサー
    <受賞歴>
    ・フルスカラーシップ(ボストンバレエスクール)
    ・第一位町田全国舞踊コンクール
    ・第2位Youth America Grand Prix In NY
    ・第3位Japan Grand Prix
    ・Quarter Finalist at Prix De Lausanne
    2007年~2009年 ボストンバレエスクール(アメリカ)で学ぶ。
    2009年~2010年 ヒューストンバレエ団(アメリカ)在籍、2011年~2015年 アルバータバレエ団(カナダ)在籍
    <主な舞台経験>
    ・ジゼル(ジゼル全幕)・金平糖の精、クララ(くるみ割り人形)・キトリの友人(ドンキホーテ)・ミカエラ(カルメン)・Forgotten Land/Red Couple (Jiri Kylian)・Divertimento No.15 (George Balanchine)・The Four Temperaments (George Balanchine)・In The Upper Room (Twyla Tharp)、その他

  • 講師 喜入 依里

    元・小林紀子バレエシアターソリスト
    2001年 R.A.D.JAPAN主催のインターナショナル・サマースクールにおいてスカラシップ・スチューデント賞を受賞。
    2003年第1回ジャパングランプリにてフルスカラシップを受賞し、モナコ・プリンセスグレースに2年間留学。
    マリカ・ベゾブラゾヴァ、ローラン・フォーゲルに師事。2007年R.A.D.JAPAN主催のインターナショナル・サマースクールにおいてもスカラシップ・スチューデント賞を受賞。
    2008年小林紀子バレエシアターに入団。
    2011年同団のソリストに昇格。
    マクミラン版「眠りの森の美女」リラの精、「マノン」レスコーの恋人、「Elite Syncopations」Calliope Rag 等を踊る。

  • 講師 朝枝 尚子

    新国立劇場バレエ団アーティスト
    小西両子バレエ教室にて、小西両子に師事する。’02年より東京シティバレエ団付属研究所に入り学ぶ。 その後、世田谷バレエ連盟の公演や日本バレエ協会の公演に出演。
    ’08年に新国立劇場バレエ研修所に第五期生として入所。
    2010年より新国立劇場バレエ団に入団。
    12/13年シーズンより、新国立劇場バレエ団 契約アーティストになる。2013年シンフォニー・イン・スリー・ムーブメントでトライアウトの結果、デミソリストパートに抜擢。

  • 特別講師 西山 裕子

    元新国立劇場バレエ団ファーストソリスト
    東京シティ・バレエ団附属研究所で学び、1991年に中国地区バレエコンクール・シニアの部で第1位を受賞。その後、ロシア国立ペルミ・バレエ学校に留学し、リュドミラ・サーハロワに学ぶ。
    帰国後、95年全国舞踊コンクール・バレエ第一部、およびこうべ全国洋舞コンクールの女性シニアの部で1位受賞。
    97年7月より新国立劇場のシーズン契約ソリストとなる。99年村松賞を受賞。2011年新国立劇場バレエ団引退。

  • 講師 吉田明莉

    第1回座間全国舞踊バレエコンクール 第3位
    第3回同バレエコンクール 第1位
    2019年パークサイドバレエスタジオジュニアSクラス卒業
    同年ドイツ、マンハイム国立バレエアカデミー入学
    2022年、同校のバチェラーコース、マスターコースを卒業
    – コンテンポラリーダンス、ネオクラシック
    •258 (Choreographer by Terence Kohler) •Knock Knock (Choreographer by Kinsun Chan) •Bright (Choreographer by Ken Ossola)•Artifact •Locomotive•In the Middle (Choreographer by William Forsythe)•Prince Igor Polovtsian Dances (Taught by Alexander Kalibabchuk)
    – クラシックバレエ
    眠れる森の美女よりブルーバードのパドドゥ、ラバヤデールのパドトロワ、ジゼルから友人の踊り、白鳥の湖からパドトロワ、ドン・キホーテのグランパドドゥ、その他。
    2022年 帰国。パークサイドバレエスタジオ講師就任。

  • 特別顧問・特別講師
    ロバート・テューズリー

    1972年 イギリスで生まれ。ロイヤル·バレエ·スクール(ロンドン)でバレエを学ぶ。
    1990年 カナダ国立バレエ団へ入団。
    1994年、プリンシパルに任命される。
    1996年、シュッツガルトバレエ団へプリンシパルとして移籍。
    2002年、英国ロイヤルバレエ団へ移籍、プリンシパル。
    ヨーロッパダンスマガジンにて「ダンス・オブ・ザ・イヤー」に選出される。
    2002年、11月にニューヨークシティバレエ のプリンシパルに就任。
    その後フリーランスとなり、数多くのゲストプリンシパルとして活躍。
    ミラノスカラ座バレエ団、オーストラリアバレエ団、ローマオペラ座バレエ団、新国立劇場バレエ団などでゲストプリンシパルとして活躍。
    彼の表現力と柔軟なテクニックは世界屈指。
    オープンユニバーシティ(ロンドン)でドイツ語、ヨーロッパ言語の学士を取得。チューリッヒ大学にて高等レベルの芸術行政管理の学位を取得。
    来日多数で日本のファンも多い。

  • 特別顧問・特別講師
    トマ・ガルウス

    1979年フランス南部のアンティーブ生まれ。12歳でマルセイユ国立高等バレエ学校に入学。
    ローラン・プティやドミニク・カルフーニの下で学ぶ。
    在学中、プティ本人が、『Roland Petit fait son cinema』のソロ『Iberia』をトマ・ガルースの為に創作。
    1998年、ボルドー国立オペラにてプロフェッショナルダンサーとしてのキャリアをスタート。
    2000年、パリ・オペラ座バレエ団へ移籍し、2004年までの間にカンパニーのすべての作品に出演。
    ヌレエフ、プティ、ベジャール、その他多くの振付師の作品をマニュエル・ルグリ、モニク・ルディエールの指導により学んだ。
    2004年にはミラノ・スカラ座バレエ団に移籍。
    ウェイン・マクレガーの『Dido and Aneas』の世界初演にソリストとして出演。その他ヌレエフ、プレルジョカージュ、キリアンなどの作品にも参加した。
    2009年には、アルバータ・バレエにゲストプリンシパルとして迎えられ、『くるみ割人形』の王子、『真夏の夜の夢』、『不思議の国のアリス』などに出演。
    2010年よりリヨン・オペラ座バレエ団にて2014年までソリストとして契約。
    マッツ・エックの『ジゼル』、オハッド・ナハリンの『Tabula Rasa』、ウィリアム・フォーサイスの『the second detail』、『Limb’s theorem』、『One flat thing(再振付)』、キリアンの『One of a kind』のソロなどに出演した。
    ロバート・テューズリーとの共演も多数あり、パーソナルトレーナーでもある。
    2009年にフランス政府認定のバレエ教師国家資格を取得。
    パリ・オペラ座コンクールではパーソナルコーチを務め、リヨン・オペラ座バレエ団にはゲスト講師として招聘される。
    チューリッヒ・バレエやバーゼル・バレエでもゲスト講師を務める。
    様々なフェスティバルやワークショップでもクラスを受け持ち、ベルギーのインターナショナルサマースクールやニースの「サマー・ダンス・フェスティバル」にも招待。
    フランスで開催されるエクスクルーシブ・バレエ・コンペティションの主催でもある。